頑固な便秘とサヨナラしてダイエットに成功する方法

HOME » 快便のための「つまらない」話 » 正しい食事

正しい食事

快便食ってどんな食事?

便秘に悩む方、特に女性に多いのですがすぐに便秘薬で解決しようとする方がいます。正しい対処法に思えますが、実は薬を常用していると腸が刺激に慣れてしまい、薬がないと排便ができなかったり、より強い薬に頼らなければいけない体になってしまうんですよ。

快便への第一歩は、腸が自分で動くような環境づくりと、便がきちんと出るような食生活です。

 

これで快便!便秘知らずの食生活5ヶ条

ここで紹介する食生活を心がけていれば、便秘になりやすいダイエット中でも毎日スムーズなお通じが出て、痩せやすい体質になりますよ。

(1)食事は規則正しくバランスよく

腸は胃に食べ物が入ることで刺激されて動きだしますので、食事抜きのダイエットなんてもってのほか。特に多くの方が抜きがちな朝食は、今まで眠っていた体を目覚めさせる効果がありますので、必ず食べるようにしてください。

また、毎回同じ食材ばかりを食べる等の偏食や、「○○だけダイエット」は、胃腸に負担がかかり働きが弱くなるので、避けてください。

(2)水分はたっぷりとる

水分不足になると、便が固くなって排出されにくくなります。仕事のデスクの傍らにはお茶や水を置いて、いつでも飲めるようにしておきましょう。また、朝一番にコップ1杯の冷水を飲むと胃腸が刺激され、活発に動くようになるのでおすすめです。

(3)食物繊維もたっぷりとる

食物繊維はそれ自体が水分を吸収して便を軟らかくし、便の量を増やして排泄をスムーズにする働きがあります。野菜や果物等を積極的に摂るほか、サプリメントや健康茶などで補ってもよいでしょう。煮たり茹でたりしても壊れることはありませんので、野菜を加熱してかさを小さくすればよりたくさんの食物繊維が摂れます。

【食物繊維の多い食材】
豆類、雑穀、イモ類、きのこ、ごま、アーモンド、海藻、根菜、葉物野菜、果物など

(4)適量の油は欠かせません

ダイエットをしていると、ついつい油分を控えてしまいがちですが…スムーズな便通には腸内で潤滑剤となってくれる油は必要不可欠な存在です。カロリーが高いので摂りすぎはよくありませんが、控えすぎはかえって体に毒です。

体に必要不可欠な「必須脂肪酸」が含まれる植物油や青魚、水分と脂質のバランスが良い牛乳などが適しています。

(5)時には酸味や香辛料で刺激を与えて

腸がどうしても動いてくれない時には、酸味や香辛料の効いた食事で適度な刺激を与えるのもアリ。ビール小瓶1本程度のアルコールも、軽い刺激になって良いそうです。

ただし、刺激物やアルコールの常用は胃腸やその他臓器を痛める原因になりますので、毎日は避けて。特にアルコールは利尿作用が高く、体が水分不足になってしまうのでお酒を飲む際にはお茶や水も飲むことをお忘れなく。