頑固な便秘とサヨナラしてダイエットに成功する方法

HOME » ダイエットの敵!便秘にまつわるウソホント » てっとり早く出すなら便秘薬がいい?

てっとり早く出すなら便秘薬がいい?

便秘のせいでぽっこり膨らんだお腹をなんとかしたい…。
便秘薬に頼ってダイエットすると良いって本当ですか?

答えは…

答えは…ダイエット目的の服用なら「ウソ」です

ダイエット目的で便秘薬を飲んではいけません

とんでもなく深刻で、一刻を争うような便秘なら便秘薬に頼るのは正解。

しかし、気になる下腹ぽっこり解消のためや宿便を出して少しでも体重を減らすために便秘薬を飲むのであれば、大きな間違いです。

便秘薬はいわゆる下剤ですから、種類によっては腸の粘膜を刺激してしまうものもあります。こうした薬を常用していると、そのうち腸が刺激に慣れてしまい薬が効かない体になってしまいます。また、排泄を優先するあまりに必要な栄養が摂取できず、体に影響が出る場合があるのです。

たとえば、激しい腹痛や嘔吐などの中毒症状。初めはなんともなくとも、飲み続けるうちに突然症状が出るケースが多いそうです。また、便秘薬を飲まないと腸が活動してくれなくなる方も。自然な排便どころか、腸がぜん動運動すらしない最悪の状態になることもあるそうですから、便秘薬の常用は非常に危険です。

日常的な服用はNG!便秘サプリや便秘解消茶に切り替えて

便秘薬を常日頃使っている方は、いきなり薬をやめるとまったく便が出なくなる可能性がありますから、徐々に減らすところから始めましょう。

また、薬の種類を「刺激して出すタイプ」から「便を軟らかくするタイプ」に変えてみるのも有効。便を柔らかくする塩類下剤は、習慣性も少なく副作用もほとんどないそうです。

また食生活を腸を動かす成分が豊富なメニューに改善しましょう。手軽に取れるサプリメントやお茶など、腸の運動を促す健康食品に頼るのもおすすめです。

便秘薬の強い刺激に慣れてしまった腸が自らぜん動運動をし、定期的に排便してくれる状態に戻すのには、かなりの時間が必要ですから、地道に改善していきましょう。

あまりに深刻な場合は、自己流の改善ではなく、病院に通って医師の指導の元で体質改善しましょう。内科や消化器科でももちろんOKですが、「便秘外来」がある病院ならベスト。まだまだ数は少なく、予約も取りづらいですが、本気で便秘改善を望むなら是非訪れてみてください。