頑固な便秘とサヨナラしてダイエットに成功する方法

HOME » ダイエットの敵!便秘にまつわるウソホント » 便秘になると太りやすくなる?

便秘になると太りやすくなる?

便秘になると、体に脂肪が溜まりやすくなるって聞きました。
そんなまさか…それって、本当ですか?

答えは…

答えは…吸収されない栄養が脂肪になるので、「本当」

吸収されない栄養は脂肪のもとになる!

「便秘になると、腸から栄養が取り込まれにくくなるから太らない」という説があるそうですが、これは大きな間違い。確かに、腸内に老廃物が蓄積されると血液もドロドロになってしまい、細胞内に栄養が取り込まれづらいことまでは正解なのですが、ここで終わりではないのです。

吸収されなかった栄養はそのまま滞っているのではなく、長い時間腸内にいる分、本来吸収しなくても良い糖質・脂質まで細胞に吸収します。つまり、腸内に溜まった排泄物は、皮下脂肪や内臓脂肪の元になっているとも言えるのです。

細胞自身も効率よく動けないので、体内でのエネルギー活動も低下し基礎代謝も下がってしまい、太るスパイラルに陥ってしまうんですよ。

また、当然ですが便が出ないということは、食べたものが出ていきませんからその分が体重に反映されます。人間は1日大体100~200gの便が出るそうですから、1週間便秘が続けば体重は約1kgほど増える計算になります。

恐怖の「太るスパイラル」を断ち切るには便秘改善を

便秘が原因の肥満なのに気付かず、太ってきたことを気にして食事制限をしてさらに便秘を悪化させ、太るスパイラルにはまり込んでしまう女性がたくさんいます。

便秘状態で様々なダイエットに取り組んでも、代謝や循環が悪いままですから当然100%の痩身効果は得られません。まずは、便秘の改善を第一に考えるべきです。

食物繊維や乳酸菌を積極的に摂ったり、腸のマッサージをしてぜん動運動を促してあげれば、腸内環境が整って脂肪が蓄積されにくい環境になります。

実は女性の肥満は便秘が原因となっていることも多く、今まで様々なダイエットに取り組んできたけれど一向に効果がなく、便秘を改善したらすんなり痩せたという方もいるほどです。

「便秘は多くの人が悩む症状で、たいしたことではない」と思いがちですが、放置しておくと体質まで変わってしまいます。なるべく早めに対策をとって解消するようにしてください。